Information

最新情報

2020.03.12

社員コラム

卒業、そして巣立ちへ

著者:山口 陽子

卒業、そして巣立ちへ

日差しが少しづつ暖かくなり、梅の花も咲いて春うららの季節になってきました。

ところが今、新型コロナウイルスの感染拡大が世界中に広がり、多方面に影響が出ています。罹患された方々にはお見舞い申し上げるとともに一日も早いご回復を願っております。そしてこの事態が早期に収束することを祈るばかりです。


そのような中、先日長女の高校の卒業式がありました。出入口でのアルコール消毒、全員マスク着用、国歌、校歌の斉唱はなく演奏(録音)、在校生は代表1名のみと、かなり縮小され、細心の配慮がなされ執り行われました。
それでも先生方の温かい祝辞や生徒さんの感謝あふれる送辞、答辞に胸がいっぱいになり心に残る卒業式となりました。
参列しながら私は長女が生まれてから今までの月日を振り返っていました。末っ子で待望の女の子を授かり嬉しかったこと。慌ただしく疲れることもあったけれど長女から元気をもらい頑張れたこと。高校生になってからは気合を入れて毎日の弁当作りに励んだこと...様々な思い出に彩られた日々でした。


長女にとって高校生活は「一瞬」だったそうです。勉強、部活動、学校行事に全力で取り組み、素晴らしい友人たちと出会い、苦楽を共にし、充実した3年間だったのでしょう。
4月からは県外の大学に進学します。新たなスタートで期待と不安もあることでしょうが、様々な経験を成長の糧にして歩んでいってほしいと思います。
私もまた空の巣症候群にならないように、気持ち新たに頑張ります!

武生事務所
山口陽子